レンタルサーバーの容量を使いきってしまうボット

category01

レンタルサーバーを使う場合、一人が利用できる領域が明確に定められ、その領域に保存できる容量を超えてしまうと、それ以上、ファイルをアップロードすることはできません。
しかし、最近はハードディスクの低価格化が進んでいるので割り当てられる容量が数十ギガバイトになることも珍しくなく、一般的なウェブサイトを運営するのには充分です。


ところが、レンタルサーバーを使い続けていく中で、突然、ファイルの数が増大して容量が圧迫されてしまうことがあります。

なぜ突然、そういったことが起こるのでしょうか。

Yahoo!知恵袋情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

最近多いケースとして、ボットによる会員登録があります。レンタルサーバーでCMSやWIKIのような、ユーザー登録できるプログラムを使っている場合、ボットを登録させて宣伝を書き込もうとする人がいるのです。

これらのアクセスは主に海外から行われ、一日数十ほどのアカウントが登録されていき、一年を経つ頃には一万近くのアカウントが登録されることになります。
それらのアカウントが繰り返し、CMSの掲示板にスパムを投稿したり、あるいはWIKIのページを作っていくことで、容量の限界までデータが増えてしまうわけです。
こうした事態を防ぐためには、まず、ユーザー登録できるサイトを放置しないことが大切です。



メンテナンスを放棄するのであれば、ユーザー登録できないような設定にしておきましょう。

すごく便利なレンタルサーバー情報のご紹介です。

ユーザー登録のシステムを続けていきたいけど、ボットのユーザー登録はやめさせたいという場合は、CMSやWIKIのプラグインを使って、人間だけが登録できるようにするという対策が有効です。

科学技術関係の真実

category02

ビジネスに欠かせなくなったインターネット。様々な情報がインターネットでやり取りされるようになり、データの保存方法も工夫されてくるようになりました。...

subpage

専門知識

category02

普通であればレンタルサーバーでウェブサイトを運営する場合、まず必要なファイルをアップロードする作業が行われます。HTMLなどの専門的な技術が必要になりますが、楽にウェブサイトを作成できるソフトがありますので、そのようなものを使えば知識がない人でも、簡単にウェブサイトを作ることができます。...

subpage

これからの科学技術

category03

アフィリエイトの運営者から高い評価を得ているのが、エックスサーバーというレンタルサーバーです。有料のレンタルサーバーで、最も安いプランでも年間1万円くらいかかりますが、料金の割には高機能かつサポートが充実しているのが、高い評価を得ている主な理由です。...

subpage

皆が知りたい情報

category04

レンタルサーバーを利用する際に注目したいのが、バックアップ機能の有無です。レンタルサーバー上にファイルを置くことで、自分自身のウェブサイトを公開することができますが、作成したファイルが壊れてしまったり、うっかり削除すれば、ウェブサイトを正しく表示できなくなる恐れがあります。...

subpage