バナー

知っておきたい葬儀の費用について

葬儀の費用といっても儀式や形式、地方の習慣などによって大きく変わってきます。

最近では、少人数で済ませようとすることも多いので参考にならないかもしれませんが、平均の費用は200万円と言われています。

その内訳として、遺体のお迎えや告別式、火葬などの式にかかるものと、読経料や戒名料などの寺院にかかるもの、料理や飲み物、返礼品などの接待飲食にかかるものがあります。

BIGLOBEニュースの情報を幅広く扱っているサイトです。

ちなみに、葬儀社が出す見積もりは、式にかかるものだけで、寺院や接待飲食は含まれないので注意が必要です。なので、式の様式や葬儀を行いたい場所、参列する人の数などを決め、寺院や接待飲食を含む総額を見積もってもらうと依頼がスムーズになります。


さらに、故人が病院で亡くなったりすると、病院から紹介された葬儀社から移動や契約を急かされたりする可能性もあります。

その場合、かえって高いものになり、後で後悔してしまうこともあるので注意しましょう。

参列者を増やしたり、返礼品をいい物にし過ぎないようにも注意しましょう。



このような費用を用意することは簡単ではありません、なので一般的に使用されているのが、終身保険です。
定期保険は期間が限定されているので、通常終身保険を活用します。

葬儀の費用について真剣に考えてみました。

さらに終身保険を活用することのメリットとしては、支払った金額よりも死亡保険受取金額のほうが多いがあります。


このように決して安くはない葬儀は、いつ、どこで、誰の身に何が起こるかわかりませんので、最低限このような知識を頭に入れ、最悪の時に備えておくことが重要です。